よくあるご質問



見学や体験はできますか?

見学(無料)体験(有料)して頂けます。

体験ご希望の方は、運動できる服装に飲み物、タオルをお持ちのうえお越しください。

室内用運動靴は必要ありません。


格闘技どころか運動もあまりした事がないのですが大丈夫ですか?

大丈夫です。

誰でも最初は未経験、初心者です。

入門される方のほとんども格闘技未経験者です。

また、稽古も個人のレベルや希望に強度をあわせますので無理な指導や強制は致しません。


仕事や私用で時間通りに通えないのですが…

ご自身の都合に合わせて途中参加・早退も自由にして頂いて大丈夫です。

仕事の都合で『一時間遅れて参加』といった方もいらっしゃいます。


胴着やサポーター等は最初から全て揃えなくてはいけませんか?

勿論揃えば望ましく、稽古も制限なく行えますが無理なく徐々に揃えて頂いてもかまいません。

不測の事態の為にスポーツ保険の加入(年間1850円)は入門時に全ての方にお願いしております。


30代後半の普通の体力の人間が稽古についていくことは可能ですか?

全然大丈夫です。

むしろ普通、もしくは普通以下の方にぜひ取り組んで頂きたいと考えています。

稽古がしんどければ、正直におっしゃってください。

途中から見学、早退も自由にして頂けます。

無理せず体力に合わせて稽古をし、一緒に楽しく強くなりましょう!


強くなりますか?

必ず強くなります。

積み重ねた経験の分だけ必ず成長します。


どのくらいの期間で強くなるのでしょうか?

求められている強さがどの程度なのかわかりかねますが、確実に言えることは、何もしないよりは1回毎に強くなります。

日々の稽古によって、1ヶ月前の自分よ りは確実に強くなりますし、強さとはその積み重ねでしかないと考えています。

また、強さとは肉体的なもののみならず、精神的なものも含まれますので、「何 もしない自分」より「行動できる自分」は、その時点で強くなっていると言えるのではないでしょうか。


大道塾では、伝統的な空手の稽古法は行っているのですか?

大道塾では、いわゆる伝統派空手のような稽古方法はとっておりません。

例えば基本稽古(その場での突き蹴りの稽古)では、三戦立ちや騎馬立ち等の伝統空手特有の立ち方ではなく、組 手立ちという実際に格闘を行う時と同じ構えで稽古を行います。

また、現実社会でトラブルに巻き込まれた際の格闘技術を追求していますので、ガードも顔まで 上げ、パリング(パンチを手ではじくように避ける)・スウェー(身体を後ろに反らしてパンチをかわす)・ダッキング(上下に避ける)・スリッピング(左右 に避ける)によって防御を行います。


大道塾は「過激!」と聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?

しばしばそのような印象で捉えられることがあるようです。

しかしながら、練習でガンガン打ち合うわけではありませんし、社会体育という観点から空道を提唱し てますので、当然ながらみなさん仕事(学業)を持たれ、余暇の時間に練習しておられます。

ただ残念なことに、現実にトラブルにみまわれた際「顔面はナシで ね、ヒジ・ヒザもナシ、頭突きもナシ、もちろん金的もナシでね」という訳にもいきません。

むしろ知らない技ほどまともに受けてしまう危険があります。

です から大道塾では護身の観点からも、顔面・ヒジ・ヒザ・頭突き・着衣を掴んでの攻撃・場合によっては金的までも認め、さらに投げ技・関節技を学んでいます。

決して過激な稽古をしているのではないことは、一度お越しいただければ納得いただけます。


他にも気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。